赤ちゃんの習い事はいつから始めるべき?

早い段階からスタートしよう

>

赤ちゃんでも習い事はできる

力関係に注意しよう

生後2か月頃から、ベビーマッサージ教室に通えます。
基本的に親子で参加するシステムで、講師からベビーマッサージの方法を教えてもらえます。
赤ちゃんの身体をマッサージしながら、異変が起こっていないかチェックできます。
赤ちゃんは異常が起こっていても、自分の口で伝えることができません。

ですから、親がいち早く気付いてあげる必要があります。
マッサージをする際は、力加減を間違えないでください。
大人相手にする力では、赤ちゃんが痛がってしまいます。
優しくマッサージをすることで、赤ちゃんは気持ち良く感じるでしょう。
教室で習ったベビーマッサージを、自宅でも実践してください。
時間が空いた時に、赤ちゃんとコミュニケーションを取りましょう。

友人を作る目的で参加しよう

ベビーマッサージ教室に通うと、同じ年齢ぐらいの赤ちゃんを育てている親を見つけることができます。
仲良くなれば悩みを相談し合ったり、情報交換ができるので友人になってください。
親同士が交流するために、教室に通う人も増えています。
悩みがあっても、誰も相談に乗ってくれず1人で抱え込んでいる人が見られます。

子育て中に、孤独だと感じる人もいるでしょう。
親が不安を感じると、赤ちゃんにも伝わってしまいます。
悩みがあれば、すぐに吐き出してください。
仲の良い友人から、アドバイスをもらえるかもしれません。
困った時に頼れるので、友人を増やして損はありません。
良い情報を教えてくれるかもしれないので、積極的に話しかけましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る